読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくぜんセカイ

日々、めのまえに広がる新しいセカイの記録です。

ありがとう、米平(マイヘイ)。

雑記

f:id:msekai:20170320211524j:plain

連休、お彼岸ということもあり、お墓まいりがてらドライブへ。大和高田でのおまいりをすませ、滋賀へ移動。途中、和束というエリアへさしかかる。お茶畑が道路ギリギリまで広がるのどかな集落。まだまだ桜は咲いてはいないが、お花見のピークの頃は絶対綺麗だと思うスポットが何箇所かあった。もう少ししたら、あらためて訪れてみよう。

f:id:msekai:20170320211458j:plain

滋賀に抜けると信楽焼の狸がお出迎え。確か小学生の頃に来て、お皿に絵を書いて焼いてもらったことを思い出す。

今回はあくまでもお墓まいりが主目的だが、もうひとつどうしても訪れたい場所があった。

f:id:msekai:20170320211516j:plain

ここ、平和堂米原店、通称マイヘイ。子供の頃から、20代前半までとてもお世話になった店が、来年2月までに閉店してしまうそうだ。

f:id:msekai:20170320211510j:plain

たしか、1階にはビックバン文教という写真屋さんながらゲームソフトを売っている店があり、2階には20円でファミコンができるゲームセンター、3階にはディスクシステムを書き換えできるコーナーがあったと思う。

全部ゲームの記憶かい。

母によく2階で下着とか買ってもらったよなー。このエスカレーターもわくわくして上ったもんだ。

f:id:msekai:20170320211511j:plain

3階の一画はすっかり整理されていた。年齢を重ねるたびに、思い出の場所ってどんどんなくなっていくよね。

f:id:msekai:20170320211515j:plain

実家によって父母とお墓まいり。母の手作りのおはぎをもらって、少し切ない気分で大阪に戻る。

ゴミバケツをゴミに出したことありますか

雑記

ゴミバケツ(ポリバケツ)が不要になったのでゴミに出すことにした。

仕事の休憩時に粗大ゴミセンターに電話したら、三辺のサイズを教えてくれと。

こういう時ってホント困る。実物が近くにないし、定規もない。意識だけ自宅へ瞬間移動させて、空想でなんとなくサイズを測る。

ゴミの日当日の朝、指定された金額のシールを貼ってゴミバケツをゴミに出す。

夜、帰宅後ゴミバケツを置いた場所を見たら、ちゃんと持って行ってもらえていた。なんとなくのサイズは大体あってたんやな。よかった、よかった。

f:id:msekai:20170318003805j:plain

f:id:msekai:20170318003814j:plain

春はもうすぐやね。

ほんまによういわんわ。

雑記 うちごはん
f:id:msekai:20170316235248j:plain

身がぷりぷりのうなぎが夕飯に出た。うなぎ自体ももちろん好きだが、かけるタレのがもっと好きだ。自宅の食卓なのでかけ放題。うな丼、つゆだくで。

f:id:msekai:20170316235255j:plain

そういえば、自宅のルンバくん(0才4ヶ月)が、ちょっと賢くなって掃除した場所を報告するようになった。

f:id:msekai:20170316235247j:plain

空白のところは物がじゃまで掃除できんかったってことね。すんません。片付けときます。

ウォッチをウォッチ

雑記

f:id:msekai:20170312195439j:plain

この日曜日朝もスタバのチョコチャンクスコーンを食べていた。さすがに週1回3週連続はそろそろ満足かなという感じだ。それにしてもこの3週、同じルートでスタバに通っているけど、週ごとにだんだんまちが春めいてきていてうれしい。

f:id:msekai:20170312195225j:plain

朝食後、ぶらっとショッピングモールをうろついていたら、気になるブツが。

時間はスマホで見ればいい

という斬新なコピーのピクセルウォッチブレスレット。ガチャガチャ、300円なり。このアイデアはやられた。

f:id:msekai:20170312195220j:plain

f:id:msekai:20170312195214j:plain

やった、アップルウォッチタイプをゲット。

それにしてもバンドのサイズの小さい方でぴったりなのは、これは大人向けのブツということを示唆しているのだろうか。

ワタシハ自動パン屋

雑記

f:id:msekai:20170302212307j:plain

通勤の道を一本変えてみた。

それだけでも街の風景が変わってみえるから不思議だ。風景だけでなく距離も。あれ、こんなにここまで近かったっけって、一瞬別次元の世界に入り込んだ気持ちになるのが好きだ。

通勤途中には「目安」ができる。

この角曲がったらあの人に会うな、あの電柱のところではあの人に会うなっていう目安。当たり前だけど、時間がずれると会う場所も変わる。会わない日はちょっと心配してしまう。いつもより遅く出たのに、目安の人といつもの場所で出会ったら「なんだまだ時間に余裕があるじゃん」って余裕になる。でも実は相手の人も遅刻気味でえらい目にあうことがある。別にその人のせいじゃないんだけど。相手の人も僕のことを目安にしているのかなあ。

そんな話はさておき、新しい通勤道でナゾのパン屋さんをみつけた。店舗では売っておらず、自動販売機のみ。いつか買おうと思うんだけど、朝はごはんを食べてでかけるし、帰りは見向きもせず一目散に家に帰っちゃうんだようなあ。

今度の休みの日、覚えていたらチャレンジして買ってみよう。